趣味のバイクのため25万円借金

どうしてもお金が必要になって、借金をしてしまった方は少なくないかもしれません。すぐに返せばいいと思い借りて、でもまた必要になって次の借金・・・。
このサイトでは2社から借り入れをしてしまった方の体験談をまとめました。
40代男性からの投稿

趣味のバイクのためにお金を借りました

私は46歳の会社員です。2社から合計25万円借りました。
1社目は三菱東京UFJで借りました。特に他社との比較をせず、預金口座を持っていたことと、店舗が自宅近くにあるという理由で同社のカードローンを利用しました。
2社目は住信SBIネット銀行で借りました。私はバイクが趣味なのですが、バイクのカスタム費用捻出のため、キャッシングをしました。
ネットオークションで出品されていたパーツは個人出品だったため、クレジットカードを使うことが出来ませんでした。
そこで、現金を用意する必要があり、キャッシングを利用しました。

2社目は金利で選びました

2社目の住信SBIネット銀行は金利がかなり安いため、選びました。それまで利用していた三菱東京UFJ銀行のカードローンは年14.6%でしたが、住信SBIネット銀行はプレミアムコースで年7.99%です。
借入額は少額でしたが、少しでも金利を安くしたいため、新たに住信SBIネット銀行を選びました。
ネット銀行でしたので、実店舗がなく、手続きがどのようになるのか不安でした。ですが、ネットで全て手続きが取れると分かりましたので、その不安は解決できました。

2社とも現在も返済中です

住信SBIネット銀行は、同社の住宅ローンを利用していたり、SBI証券口座を持っていると適用金利がさらに安くなるようですが、残念ながら、私はその適用は受けられませんでした。
三菱東京UFJ銀行は実店舗があり、テレビ窓口がありましたが、住信SBIネット銀行は実店舗がなく手続きは基本的にネットと電話のみになります。
また、住信SBIネット銀行は本審査の際、勤務先確認のため勤め先に電話がありました。
現在、三菱東京UFJ銀行は、6か月の返済期間で15万円を借り入れ、今は月26,075円を毎月返済し、今も返済中です。
住信SBIネット銀行は、こちらも6か月の返済期間で10万円を借り入れました。毎月の返済金額は17,057円で、今も返済中です。
大手都市銀行は安心が出来るため、利用していますが、給与振り込みや公共料金の引き落としなどを利用している場合には、カードローンの金利を優遇してくれるようなサービスがないのは不満です。都市銀行ならではのサービスを展開して欲しいと思います。住信SBIネット銀行では住宅ローンの利用時には適用金利が優遇されますが、こちらのサービスの幅を給与振り込み等に広げていないのが不満を感じます。