ニコラ・ド・ラルメサン三世
  フランス生まれ。版画家兼書店として活躍していたラルメサン家の二代目次男。1695年に様々な職業を服装で表現した寓意的版画集を出版した。  
Nicolas de Larmessin III(1640-1725)
※このページに掲載している画像は、著作権の存在しない古い絵画です。
※画像への直リンクは、当サイトがサーバーへの負担のみを受けることになるのでおやめ下さい。



「占星術師」

17世紀フランスの様々な職人たちにその職業を表わす奇怪な衣装を纏わせたこの珍妙な作品は、「Les costumes grotesques et les metiers」もしくは「Fancy Trade Costume」などと呼ばれる全97点の版画集からの抜粋です。パッと見て滑稽さに吹き出してしまうのですが、よくよく見るとその時代ならではの用具や工芸品が細かく描かれているのが面白く、二重三重に複雑な興味を感じてしまいます。アルチンボルドなどのマニエリスム画家と関連してしばしば話題になることがあるようです。オリジナルのプリントはパリの国立図書館版画部門及びアメリカのボストン美術館に所蔵されているそうです。

全点を見たい人は岩崎美術社の「西洋職人服飾図絵 17世紀のファンタスティック・コスチューム 双書美術の泉」を御覧下さい。図書館や古本屋などで探すのが良さそうです。上に掲載した情報もその本に従っておりますが、ボストン美術館の公式サイトのデータではラルメサン三世ではなく二世となっていたり、生没年が1640-1725ではなく1684-1755となっていたりします。


「漁師」


「水道工事屋」

画集・評伝・関連書籍
西洋職人服飾図絵 17世紀のファンタスティック・コスチューム 双書美術の泉(岩崎美術社/1989)


「錠前金物師」

 

幻想美術館トップページに戻る